相談会セミナーの概要タイトル

○吃音相談会

平成29年4月16日(日)13:00~16:00に行いました。

会場こうべ市民福祉交流センター4階 402会議室

神戸で吃音相談会を始めて今年で34回になります。阪神大震災の年以外は、毎年続けてこられました。 吃音の事で全国を回り、いや世界との交流をされている伊藤伸二さんからのホットな話題が毎年聞けることが楽しみですし、常に忘れていることを改めて気づかせていただいています。 (参加者の感想) ・目からウロコでした。参加して良かった。 ・具体的にいろいろ考える視点を示して下さったので、とても分かりやすく考えがすすめられた。 ・これからの人生にプラスになります。 ・背中を押してくれた こういう場に参加するのは大事だと思います。 ・吃音を考えるチャンスになりました。 ・自分を見つめなおす機会になった。 ・生活を送る上で気持が軽くなった。  ・新しい展開が迎えられる ・話に引き込まれ感銘しました。  ・新聞で目に留めて来ました。180度考えが変わりました。  ・自分のことも今の時間に振り返りました。相談会に来たのは幸運だった。  毎回、参加された方の表情が明るくなって帰えられるのが印象的です。 人生に行き詰った時に目の前を明るく照らしてくれた相談会です。


○吃音親子の集い

こどもの吃音については学期に一度「ほぉ~っと」を開催しています。
同じ思いの仲間に出あえること~ それは子どもにとってもおとなにとってもとても貴重なことです。出会いの広場『ほおーっと』は主に「話しことば」のことで気になることがある子どもやその保護者・兄弟の方々が出あい、自分の思いや情報を交歓できる場です。
まずは“ほおーっと”しましょう。難しいこと抜きでみんなでゲームをしたり、いろいろおしゃべりしたりしましょう。 いつも参加されているのは幼児や1年生から 高校・大学生まで様々ですが、年齢に関係なく楽しく交流できる時間を持っています。また「ことば」のことや暮らしのちょっとしたヒントなどの情報交換もしています。

「ほぉ~っと」は2017年5月14日(日)に開催します。
2017年5月14日(日)の9:30~11:30に、こうべ市民福祉交流センター
401会議室 で行います。


○吃音親子サマーキャンプ

2016年8月19~21日に滋賀県彦根市「荒神山少年自然の家」で行いました。

○アドラー心理学講演会

神戸スタタリング・プロジェクト(ほっと神戸)は、吃音を持つ人や、吃音を持つ児童・生徒及び家族や関係者の為に、吃音問題を小さくするいろいろな活動を行なっています。
うまく話せないという吃音は、人とのコミュニケーションや仕事で不自由を感じやすいものです。吃音を過大に意識しすぎると、不幸とさえ思う事もあります。
アドラー心理学は、自分が主人公として人生を生きていく後押しをしてくれます。吃音の方だけでなく、生き辛さを持つ人にとってこの講演会は、より良い人間関係を築き、より良く生きる指針を示し、生きる勇気を与えてもらえます。
幸福になるには自分が変わることです。

2012年度の「アドラー心理学講演会」は5月27日(日)1:00~3:30に
神戸市立心身障害福祉センター3階大会議室で開催しました。